Nahoko Wada

news

日経アーキテクチュア【熱いぜ!建築ツアー】

2017年10月15日

「濃厚ツアーで社会と結べ!「東京建築AP」が1周年」と題して
日経アーキテクチュアの名物編集長の宮沢洋さんによるインタビュー記事が掲載されました。

こちらから記事が読めます。



トーク「森と建築」藤本壮介

2017年9月26日

ALVAR AALTOトークシリーズ vol.1

来年2018年はアアルト生誕120周年に当たります。本セミナーは生誕120周年を契機にアアルトを再解釈、再評価するタイミングと捉え、彼に共感する建築家等を迎えて開催するトークシリーズです。第1回目のゲストスピーカーは建築家・藤本壮介氏を迎えます。


「森と建築」

日時:2017年10月31日(火)18:30-20:30
場所:リビングデザインセンターOZONE 8階セミナールーム
講師:藤本壮介(建築家)
ファシリテーター:和田菜穂子(建築史家)

*すでに定員に達しましたので、締切ました。
詳細はこちら


★Sou_Fujimoto_portrait_credit_David Vintinerのコピー.jpg
(c) David Vintiner



ウェブ掲載記事「第1回 光のための開口部」

2017年9月26日

窓研究所のウェブサイトに記事が掲載されました!

北欧の窓
第1回「光のための開口部」

6アールト.JPG



雑誌「建築ジャーナル 2017年7月号」に掲載されました

2017年7月 5日

「特集 建築リテラシー」に、東京建築アクセスポイントの活動について寄稿しました。

取材、ツアー企画、講演依頼、その他、ご連絡お待ちしております。

DDySxntUQAUcifS.jpg



ツアー「デンマークの建築からライフスタイルを学ぶ」

2017年5月27日

北欧モダンハウスを訪ねる旅 コペンハーゲン7日間

デンマークを代表する建築家、アルネ・ヤコブセンとヨーン・ウッツォン設計の住宅を中心に、戦前のモダンハウスから現代の新しい集合住宅まで様々なタイプの住宅を見学します。一般には公開していない個人住宅を巡るまたとない機会です。デンマーク人のライフスタイルから、人生を豊かにする知恵やヒントを学びませんか?


開催日:2017年9月12日(火)~18日(月)
参加費:280,000円~398,000円
定員:4名~10名
申込:HISスタディツアーデスク 担当:澤村
03-6836-2551

ツアーの詳細はこちらまで


◆ 北欧の建築についてレクチャーします ◆

6月21日(水)19:30~ 「デンマークのモダンハウス」
7月12日(水)19:30~ 「建築家アルネ・ヤコブセンとヨーン・ウッツォンについて」
@旅と本と珈琲とOmotesando

*どなたでも参加できます。

事前申込は上記リンクよりお願いします。

IMG_94333_edited-1.jpg



雑誌「東京人6月号」に掲載されました!

2017年5月27日

一般社団法人東京アクセスポイント代表理事として、インタビュー記事が掲載されました!

東京建築アクセスポイントの公式ウェブはこちら

IMG_7589-e1494864652616.jpg



パスタでタワーをつくろう!用・強・美のデザイン

2017年4月27日

世界一高い電波塔「東京スカイツリー」は、空に向かって伸びる大きな木をイメージして作れられました。
ワークショップでは、身近にあるパスタを使って「用・強・美のデザイン」を目指します。
大人からこどもまでどなたでも参加できます。


*****
日時:2017年6月25日(日)13:00~18:00
場所:リッチモンドホテルプレミア押上、東京スカイツリー

主催:一般社団法人東京建築アクセスポイント
協力:慶應義塾大学理工学部小檜山研究室/三田研究室
アドヴァイザー:小西厚夫(日建設計構造設計部)
企画:和田菜穂子(一般社団法人東京建築アクセスポイント)

お申込は東京建築アクセスポイントの公式サイトよりお願いします。


IMG_7224.JPG



Bankart School「美術館の読み方、楽しみ方」5月開講

2017年4月 2日

美術ジャーナリストの村田真さん(バンカート校長)と一緒に、「美術館の読み方、楽しみ方」を開講します。
美術館は通常、展覧会を見るために行くと思いますが、建築そのものの読み方を覚えると、2倍楽しむことができ、一日いても飽きません。
お申込みお待ちしています!


*****

受講講座の詳細はこちらまで


受講日:①5/15 ②5/22 ③5/29 ④6/5 ⑤6/12 ⑥6/19 ⑦6/26 ⑧7/3
(いずれも月曜日19:30~21:30)

場所:BankART Studio NYK
横浜市中区海岸通3-9

お申込・お問い合わせ:
BankARTスクール事務局
school@bankart1929.com



中銀カプセル「夜の茶話会」

2017年3月 4日

水曜日の夜、中銀カプセルタワーにて、「夜の茶話会」を開催いたします。
設計者の黒川紀章は「サラリーマンの隠れ家」というコンセプトを掲げていましたが、
その一方でひとつの茶室的空間とも捉えていました。
というわけで、お茶を飲みながら、毎回トピックを変え、時にはゲストをお招きし、
みなさんと交流を図りたいと思います。
やはり話題の中心は建築になりますが、時には女子会やDVD上映会も開催いたします。
丸窓から見える夜景を楽しみながら、建築談義に花を咲かせましょう。
*中銀カプセルに興味のある方であれば、建築の知識がなくても問題ありません。

*開催日はスケジュールをご確認ください。


*****
主催:DA企画室 和田菜穂子
場所:中銀カプセルタワー
お申込:info@nahoko-wada.com
「1.茶話会タイトルと日時、2.お名前、3.年齢、4.メール、5.電話番号、6.ご職業、7.中銀カプセルや建築に対する想いなどなんでも自己PR」を明記の上、
上記メールアドレスへお申込みください。

20170227_Nakagin-Cupsule_A606_013Stitching.jpg

写真クレジット(C)ZOH Production



【メタボリズム建築を学ぶ基本編】トークツアー

2017年3月 3日

四角い箱が積み木のように重なり、四方に向かって丸窓がついている建物をご存知ですか?これは黒川紀章が設計した「中銀カプセルタワービル」(1972)で、「メタボリズム建築」の代表格と言われています。実は日本国外から見学希望者が後を絶たない、世界的に著名な建築なのです。

「メタボリズム」とは1960年代に世界を席巻した日本発の建築運動の名称で「新陳代謝」を意味しています。社会の変化に応じて有機的に成長する都市や建築を構想し、当時の気鋭の建築家丹下健三、菊竹清訓、磯崎新、槇文彦らが様々な提案をしています。

本ツアーは「メタボリズム建築とは何か」を学ぶ基本編とし、丹下健三設計の「静岡新聞・静岡放送東京支社ビル」(1968)の外観見学からスタートします。そして中銀カプセルタワービルの居室内にて資料をお見せしながら、「メタボリズム」について解説いたします。居室はたったの10㎡ですので、定員は5名です。みなさまのご参加をお待ちしております。

*当日17:00~の《トークセッション》のお申込みは、別途お願いします。ツアー参加者は優待券にてお申込みできます。

*****
日時:2017年4月15日(土)午前、午後  * 定員になり締切ました!
定員:5名
ナビゲーター:和田菜穂子(東京建築アクセスポイント)
お申込み:peatixにてお願いします。


IMG_5690.JPG




1  2  3  4  5